無料ボイストレーニング講座

IMIボイストレーニング・ボーカルスクール

株式会社NOWAYS

HOME | 無料ボイトレ講座

歌唱力・スピーキングスキルアップのヒント!

ボイトレで「カリスマ声(セイ)」を作るプロセスとは?
大好きな歌、思い入れのある歌を、どんなに上手に歌いたくても、発声に無理があったり、喉に負担がある歌い方だと、秘めた想いや情熱、気持ちは十分に表現されず、内にこもったまま空回りします。素晴らしいコンテンツやアイデアを話していても、声に説得力がなかったり、滑舌が悪かったりすると、相手に真意がちゃんと伝わらず、せっかくの宝が持ち腐れになってしまいます。
 
歌唱でも、会話においても、プライベート、仕事に関わらず、ご自分の「声の印象」は「人となりの印象」として、第三者から見られがちです。だからこそ 「伝える声(伝えようとする声)」ではなく「伝わる声」を身につけた時、内面に燻っている情熱、コンテンツやアイデアは最大限に表現され、人を惹き付ける「歌唱力」「スピーキングスキル」がアップします。
 
『カリスマ声(セイ)』は『カリスマ性』に通じるのです。 

1.「伝える声」と「伝わる声」の違い

「伝える声」 

    • 正しい呼吸法、発声が身に付いていないと、伝えようという気持ちが空回りしがちになり、喉の筋肉を使って叫んでしまう
    • 喉(声帯)を痛めやすい
    • 声がかすれやすい
    • 緊張しやすい
    • 胸式呼吸になりやすい
    • 声に響きがない→声が通らない
    • 聞きにくい

「伝わる声」 

    • 正しい呼吸法、発声による、芯、伸び、張りがある声 → 響きがある、通る声
      喉を痛めにくい
    • 声枯れ、ダメージが少ない
    • 自然に耳に入ってくる声
    • 聞きやすい
    • 気持ちや心をのせると、より相手に感動を与える声となる

2.「伝わる声」の要素

伝わる声を身につけるには、下記の7つの項目が必要です!

1. 姿勢正しい息を作るために、表現力を広げるために、姿勢は大変重要です。
2. 正しい息作り(声は息、息は呼吸)

    • 一定の息の量とスピード(圧力)
    • どこに向かっていくのか
    • 息があたる位置

3. 腹式呼吸正しい息は腹式でないと作れない。

    • 息を支え、コントロールする中心核(ハンドル)となる
    • リラックス効果 → あがり症の軽減
    • 集中力アップ

4. 口の形

    • 口は縦に開く
    • 口角を上げる
    • 「I」「U」の時、歯と歯の間は指一本開ける

5. 滑舌

    • 子音をしっかり発音し、母音は響かせる 

6. 目線、目、顔、手、体の表現力 
7. 心! 気持ち!誠意!貴方の感受性・人間性!

3. では、呼吸法から!

  • 1.姿勢チェック
  • 2.おへその下(丹田)ハンドルをチェック
  • 3.息の流れ、スピード、あてる位置、方向をチェック
  • 4.息を入れるイメージをチェック
    • -吸い込まない
    • -音をさせない
  • 5.口の形をチェック
  • 6.やってみよう!
    • -腹式で息をいれ、「S」無声摩擦音で息を出していきます。
    • -目的とする方向へ視線を向けましょう
    • -頭で色々考えないで!

4. 次に、息を声にしますよ!

鼻孔を使って響かすことから始めましょう!

  • 1. Sと同じ息で、口の中に空洞があることを確認してから、「m」で発声しています。
  • 2.やってみよう!
    • -ham, ham, ham
    • -mammammamma
    • -hammer

5. 口の形はとても大事!

  • 1. 下あご
    • -力を入れない、無理に開かない
    • -落とすように下に開く
  • 2.上あご
    • -鼻の下の筋肉を使い口角をあげる
  • ポイント!
    • -唇の筋肉をしっかり使うあひる口は良い口の形です!
    • -鼻の下で鉛筆を支えるエクササイズも効果的。
    • -女性に嬉しいアンチエイジング効果も!!!
    • -再確認!口は横ではなく、縦に開ける!

6. 滑舌を良くするコツ

  • 1. 子音をしっかり出します
    • -唇、歯、舌で発音は作られる
  • 2.母音は押さないで!
    • -喉からの追加の息は必要ない!
  • 3.やってみよう!
    • -Ka ke ki ko ku
    • -Sa se shi so su
    • -Ta te ti to tsu
    • -Na ne ni no nu
    • -Ha he hi ho hu
    • -Ma me mi mo mu
    • -Ya yu yo
    • -La le li lo lu
    • -Wa wo n(m)

7. 言葉・文章に抑揚をつける

ここでは、一般的な挨拶「おはようございます」を例にしてみましょう。

  • 1.文節に分けます
      おはよう/ござい/ます
  • 2.子音を書き出します(母音は文節の頭のみ)
       OH Y  /G Z  /M S
      おはよう/ござい/ます
  • 3.文節の頭の音をしっかり発音し、後の音は上方へ響かします
  • 4.文節ごとの強弱を感じましょう
  • 5.文節ごとのリズムを感じましょう
  • 6.大きく1つのフレーズとして挨拶をします。「おはようございます!」

8. 目、顔、手、体の表現をつける

  • 1.目線は大事!目線のところへ声は飛びます!
  • 2.顔の表情は声の表情にイコールします!
  • 3.手・体の表現・イメージに声は従っていきます!
  • 4.違いを感じてみよう!
    • -目線をまっすぐ一点を見つめて声出す vs 目線を右左上下を動かしながら声を出す
    • -顔(喜怒哀楽)の表情をつけながら声出す vs 無表情で声を出す
    • -手の表現をつけて声出す vs 手を一ヵ所に固定して声を出す
    • -体を自由に動かしながら声出す vs 直立不動で声を出す

9. 貴方の言葉には「心」が入っていますか?

相手に伝えたい!という想い・熱い心を声にのせましょう。本当の「自分の声」、すなわち、ご自身のアイデンティティを確立する上での必要不可欠要素です!

10. 最後に…貴方にとっての声とは…

    • 心を映す鏡
    • この世にたった一つの存在価値
 
貴方の個性を最大限に活かせることのできるツールです!
豊かな声は豊かな心・自信に繋がります。
そこから、貴方の真のカリスマ性/声(セイ)が生まれてくるでしょう!
IMIボイストレーニング・ボーカルスクール大阪校体験レッスンオンライン予約IMIボイストレーニング・ボーカルスクール大阪校体験レッスンオンライン予約
IMIボイストレーニング・ボーカルスクールビジターコースオンライン予約IMIボイストレーニング・ボーカルスクールビジターコースオンライン予約
お試し入会申込みフォームお試し入会申込みフォーム
IMIボイストレーニング・ボーカルスクール正式入会申込みフォームIMIボイストレーニング・ボーカルスクール正式入会申込みフォーム
IMIボイストレーニング・ボーカルスクール大阪校体験レッスンオンライン予約IMIボイストレーニング・ボーカルスクール大阪校体験レッスンオンライン予約
IMIボイストレーニング・ボーカルスクールビジターコースオンライン予約IMIボイストレーニング・ボーカルスクールビジターコースオンライン予約
IMIボイストレーニング・ボーカルスクールお試し入会申込みフォームIMIボイストレーニング・ボーカルスクールお試し入会申込みフォーム
IMIボイストレーニング・ボーカルスクール正式入会申込みフォームIMIボイストレーニング・ボーカルスクール正式入会申込みフォーム